タイトル
巫女縛り

巫女縛り

巫女巫女巫女巫女!! すべては巫女好きのあなたのために!
可憐ソフトレーベル記念すべき第一弾!!

 ダウンロード版パッケージ版
発売日2007年6月15日2007年6月22日
価格¥2980(税込)¥3000(税別)
レーベル可憐ソフト
ジャンル巫女さん緊縛アドベンチャー
原画えのもとひろあき
シナリオ広川マコト
巫女 多汁 調教
巨乳 SM 露出
学園
この商品のご購入
スペシャルムービーを見る
デモムービーのミラーサイト:
Gyutto.com Galge.comベクターDLsite.com デジケット・コム

ここが凄い!

ストーリー

神社や仏閣の多い事で有名な千宮市。
とある学園で講師をしている葛西拓郎は、胸の内に秘めた熱い思いがあった。

彼は無類の巫女さん好きで、その上かなりの緊縛マニアなのだ。
暇があれば巫女さんを縛り上げたいと考えている拓郎の元に、ある品物が届いた。

旅先で出会った男との賭けに勝って手に入れた品物。
それは、自分の意のままに操れる、神通力の宿った不思議な縄だったのだ。
さらに、その縄が縛り上げた相手の深層心理を操れることに気がついた拓郎は、自らの欲望を満たすことを計画する。

早速使ってみたい拓郎だが、ターゲットは身近なところにいた。
学園の教え子の如月佑香と彼女の姉で職場の先輩の如月かなえ。
姉妹の家は小さい神社で、二人は今年は市の観光の目玉として学園にいるときも常に巫女服を着ることが奨励されていた。

まさに拓郎にとって打ってつけのチャンス。
この機会を逃す手はない!

拓郎は胸元に忍ばせた縄をギュっと握り締め、己の欲望を満たすべく赴任先の学園に向かうのだった。

キャラクター

 

【主人公】葛西 拓郎(かさい たくろう)

新任の講師で、日本史を担当している。
外見、性格ともに至って温和で人当たりも良い好青年であるが、その内面には巫女さんが大好きで、緊縛に興奮するというマニアックな性癖を隠している。
友人からせしめた自在に操る事のできる縄を使って如月姉妹で自分の欲望を満たそうと決意する。

【妹・女学生】如月 佑香(きさらぎ ゆか)

身長155cm
サイズ:B=85cm W=56cm H=83cm
学園での拓郎の教え子。
現在は本人はしっかりもののつもりでいるが、かなりのドジでやる事が全て裏目に出てしまう。
拓郎の家庭教師時代に自宅で教わっていた頃から拓郎に好意を抱いており、初めてのエッチは拓郎に捧げたいと心に決めている。

葉月
1 | 2 | 3

【姉・女教師】如月 かなえ(きさらぎ かなえ)

身長160cm
サイズ:B=97cm W=59cm H=89cm
佑香の姉。
現国の教員で拓郎とは職場の先輩。
職員室で拓郎と机を並べているが、かなえと拓郎は学生時代セックスフレンドの間柄だった。
性格はのらりくらりとしており掴みどころがないが、その実はかなりのしっかり者。
拓郎と佑香の恋愛を応援しているが、心の底には複雑な心境が渦巻いている。

和葉
1 | 2 | 3

ギャラリー

【佑香】「あっ……んんっ……んんんんんっ!」

【拓郎】「佑香ちゃん、入ったよ、大丈夫?」

【佑香】「はぁはぁ、はぁはぁ、……うん、大丈夫……そんなに痛くなかったよ……」

こちらを振り向き、そう答えてくれる。

【拓郎】「佑香ちゃん、入ってる感じわかる?」

【佑香】「はぁ……んん……うん、センセが膣にいるの分かるよ……はぁ」
【拓郎】「くっ射精るっ!」

一番奥に突きこんだ瞬間、頭の中が真っ白になり、熱くたぎった白濁液を佑香ちゃんの膣奥へと吐き出す。

【佑香】「ああっ熱いっ……んああっ……イク、はあぁぁっ、イっちゃうっ……イっちゃうよぉ……ああああああああっ……」

射精が引き金となり、佑香ちゃんは絶頂の嬌声を上げ、ぐっと背中をそらせる。

【佑香】「ああっ……入ってくる……熱いのが……どくどくって……お腹にいっぱい……あ……はぁ……」
【佑香】「んっ……はぁ……ああんっ……イイよ、おっぱいの先っぽがビリビリってきて……膣もセンセの熱くて大きいのがいっぱいで……ああっ」

【佑香】「それに……縛られているところが熱くなって……こんな……恥ずかしい格好なのに……感じちゃって……変だよぉ……」

【拓郎】「大丈夫、そのまま素直に感じて」

諭すような感じで言う。

【佑香】「あっ、はんっ……い、良いの?……んっ……くんっ……私……変じゃない?」
【佑香】「んっ……や、やだ……本当に濡れてる……ん……ふぅん……」

自分のおまんこから愛液があふれている事を自覚し、恥ずかしそうに身をよじる。

【佑香】「んっ……んあっ……ん……あっ……くぅん……」

羞恥が邪魔しているのであろう、弄る手はぎこちなく、動きが鈍い。

【拓郎】「恥ずかしがらないで、ちゃんとやらないと」

【佑香】「あっ……んんっ……む、無理だよ……センセ……んんっ……ああっ」
【かなえ】「ちょ、ちょっと拓郎クン。さすがに窓に押し付けられると……」

外側からでは窓ガラスに押し付けら、れひしゃげた胸がさぞかし良い眺めになっている事であろう。自分が見られない事が残念だ。

【かなえ】「流石に外から見えちゃうし、マズイと思うんだけどぉ?」

【かなえ】「ね?だからもう少し中の方で……ね?」

【拓郎】「大丈夫ですよ、体育の学生達は試合に夢中のようだし、わざわざこっちを見たりしませんよ」

【拓郎】「それに始めたのは先輩じゃないですか。そして今はオレがご主人様で先輩は奴隷じゃなかったんですか?」

【かなえ】「……そうね……キミの……ご主人様の言う通りね」
【かなえ】「んっ……キミの、ご主人様の……すごく熱くなってるわよ」

【拓郎】「誰のせいでなったと思っているんですか」

【かなえ】「んっふ……それはご主人様が……んんっ……説明文も読まず食べちゃったからでしょ」

【拓郎】「普通は先輩がそういう注意事項を読んでおく事なんじゃないですか。責任取ってくださいよ」

【かなえ】「もう……んんっ……ふぅ……だから……こうしてあげているんじゃない」
【拓郎】「先輩、声漏れてますよ」

【かなえ】「ダメ……やっぱり……んんっ……声……抑えられないっ……んんっ」

【かなえ】「これ……無理やりされ……んくっ……されてるみたいで……なのに……すごくっ……んふっ……いいのっ」

かなえさんが言うように、いつも以上に感じているのか、あふれ出す愛液が太腿を伝わり地面にまで垂れている。

【拓郎】「先輩、溢れたのが地面にまで垂れてますよ」

【かなえ】「んっ……やだ、はずかしい……んふっ……ああんっ」
【かなえ】「それじゃ、今度は私達を気持ち良くしてもらいましょう」

かなえさんは佑香ちゃんを連れ畳の上に寝転ぶ。

【かなえ】「ご主人様、私も佑香ちゃんも準備は出来ていますわ。まずは佑香ちゃんから気持ち良くしてやって」

【佑香】「いいの、お姉ちゃん?」

【かなえ】「ええ、回数に関しては私は佑香ちゃんより多いからね。その分可愛がってもらいなさい」

【佑香】「うん……ありがとう、お姉ちゃん」

スペック

対応OS Windows98/98SE/Me/2000/XP/Vista 日本語版
必須CPU PentiumIII 500MHz相当
推奨CPU PentiumIII 700MHz
必須メモリ 128MB
推奨メモリ 256MB
解像度 800×600
色数 ハイカラー以上
DirectX DirectX8.1a以降対応
音源 PCM
音声 女性のみフルボイス
CGモード あり
文字スキップ あり
回想モード あり
Page Top